グルコサミンとガン治療

グルコサミンの評判

グルコサミンにはガンによる体の衰弱を食い止める働きがあります。

グルコサミンTOP > グルコサミンと病気 > ガン治療

ガン細胞から出る『痩せる毒素』

ガンにかかると、ガン細胞から『トキソホルモン』と呼ばれる『痩せる毒素』が生成されます。

このトキソホルモンは脳の満腹中枢を刺激し、食欲不振を招くほか、脂肪細胞の脂肪を分解し、患者の体から脂肪分を除去する働きがあります。

つまり、ガン患者が痩せて衰弱するのは、トキソホルモンという『痩せる毒素』が原因なのです。

グルコサミンが『痩せる毒素』を阻害

グルコサミンは主に関節症に対する治療成分として用いられますが、近年の研究により、ガンによる衰弱を防ぐ効果があることが明らかになりました。

愛媛大学医学部の奥田拓道教授らの研究によると、ガン細胞を移植したマウスにグルコサミンを投与したところ、トキソホルモンの働きが阻害されることが確認されました。

これにより、脂肪細胞内の脂肪分解や満腹中枢の興奮を抑制することが可能となっています。

このグルコサミンの作用は、ガンによる急激な痩せや衰弱を食い止める効果が期待できるとして、近年高い注目を集めています。

えがおのグルコサミン楽楽

テレビでおなじみのグルコサミン!各種限定特典あり
www.241241.jp

サントリーのグルコサミン

≪累計2,000万本の販売実績!≫お客さまから満足の声が続々と!
www.suntory-kenko.com/

小林製薬の'グルコサミン'公式

グルコサミンにコラーゲンを配合!パワーアップしたグルコラが送料無料
www2.kobayashi.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) グルコサミンの効果と副作用 All Rights Reserved.