グルコサミン不足がもたらす病気

グルコサミンの評判

体内でグルコサミンが不足すると、体中の関節が痛み出す『変形関節症』が起こる原因となります。

グルコサミンTOP > グルコサミンと病気 > 病気

グルコサミン不足は『変形関節症』を引き起こす

グルコサミンの体内生成量は、生まれた時を100とすると20歳には50になり、50代~60代では20ほどにまで減少してしまいます。

5分の1にまで減少すると、グルコサミン不足による障害が体のあちこちに現れ始めます。

その最たる例が関節痛です。グルコサミンは骨と骨の間のクッションとなる軟骨を形成する成分なので、グルコサミン不足=軟骨不足となり、関節の動きに苦痛をともなうようになるのです。

この症状は医学的には『変形関節症』と呼ばれ、ひどくなると歩行も困難になります。

ひざに違和感を感じ始めたらグルコサミン補給を

変形関節症は突然痛み始めるのではなく、段階的に進行する症状です。

変形関節症は関節がある場所(ひじ、ひざ、腰、股関節など)ならどこでも起こる症状ですが、最初に症状が現れやすいのは両足のひざです。ひざは歩行の時に体重全体を支えているため、最も負担が大きく、痛みが現れやすいのです。

そのため、ひざに何となく違和感や痛みを感じ始めたら体内でグルコサミンが不足しているサインです。

そのまま放っておくと、ひざだけでなく、ひじや腰、股関節など、あらゆる関節が痛み始めるので、グルコサミンを定期的に摂取し、変形関節症を食い止める必要があります。

えがおのグルコサミン楽楽

テレビでおなじみのグルコサミン!各種限定特典あり
www.241241.jp

サントリーのグルコサミン

≪累計2,000万本の販売実績!≫お客さまから満足の声が続々と!
www.suntory-kenko.com/

小林製薬の'グルコサミン'公式

グルコサミンにコラーゲンを配合!パワーアップしたグルコラが送料無料
www2.kobayashi.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) グルコサミンの効果と副作用 All Rights Reserved.