グルコサミンは加齢とともに減少する

グルコサミンの評判

グルコサミンは体内で生成される成分ですが、生まれた時から合成量が減少し、体内で不足するようになります。

グルコサミンTOP > グルコサミンと病気 > 加齢で減少

グルコサミンは加齢とともに減少する!

グルコサミンはもともと体内に存在する成分で、軟骨の形成成分(コンドロイチン)やうるおいのもと(ヒアルロン酸)として生成されています。

しかし、グルコサミンの生成量は加齢とともに徐々に減少し、軟骨不足による関節痛や保水力低下による肌の乾燥、シワなどが発生しやすくなります。

特に、コンドロイチンやヒアルロン酸になるまでの過程に生まれるN-アセチルグルコサミン6リン酸への代謝量の減少が著しく、うるおい低下の大きな原因となっています。

グルコサミンをサプリメントで補給する

体内のグルコサミン生成量が減少してきたら、体外から直接グルコサミンを補給する必要があります。

グルコサミンの生成量は生まれた時をピークに降下の一途をたどります。具体的には、20歳の時にはすでに半分となり、40代では3分の1から4分の1、50代以降では5分の1にまで減少してしまいます。

40代あたりでは肌の乾燥やシワ、たるみなどが増え始め、50代以降になると関節に不具合が生じるようになります。

そのため、あちこちに不具合を感じ始める前に、グルコサミンのサプリメントを摂取し、体の乾燥や関節の痛みなど予防・改善することが大切です。

えがおのグルコサミン楽楽

テレビでおなじみのグルコサミン!各種限定特典あり
www.241241.jp

サントリーのグルコサミン

≪累計2,000万本の販売実績!≫お客さまから満足の声が続々と!
www.suntory-kenko.com/

小林製薬の'グルコサミン'公式

グルコサミンにコラーゲンを配合!パワーアップしたグルコラが送料無料
www2.kobayashi.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) グルコサミンの効果と副作用 All Rights Reserved.